ごあいさつ
 
 
 
 

 平素は格別のご愛顧を賜り、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。
 弊社は創業125年目を迎える風雪の歴史がございますが、次の150年に向かって大きなページをめくり
新しい企業を目指しております。激変する時代にあって「地域に根差し 先進の技術で 未来を拓く」ことを
モットーに、全社全員が「未来の開拓者」の合言葉のもと、その使命を果たすために切磋琢磨している次第で
ございます。
 創業者の石黒兵太郎は、文明開化の明治20年ごろに産業の創出を目指して、富山県石動町(現小矢部市)
から東京・横浜に見聞を拡げるために出掛け、赤レンガ造りの洋館建築に触発されて戻り、大阪・堺から20
数名の煉瓦職工を招き、4年間の厳しい試行錯誤を経て明治26年(1893年)に、煉瓦製造販売業の「石
黒商店」を個人創業したのが始まりであり、宿場町であった石動町の産業振興に大きな足跡を残して、明治3
9年(1906年)に逝去いたしました。
 その後、当時の幹部3名が結束して事業を引き継ぎ、大正14年(1925年)には「合名会社石黒商店」
へ、昭和5年(1930年)に「石黒合名会社」へと組織の近代化に努力すると共に、木材業や建設請負に事
業拡大を図っております。そして、幹部3名が順次代替わりし、昭和18年(1943年)には創業50周年
を迎えております。その後、建設事業の二社分割方針によって昭和23年(1948年)6月に、福井市で新
組織の「石黒建設株式会社」が創立され、早いもので70年目の節目を迎えました。この間多くの皆様のお引
立てに預かって信用も高まって参り、お陰様で現在は北陸圏と大都市圏をリンクする特色ある中堅ゼネコンに
まで成長させて頂きました。
   この永い弊社の歩みを振り返りますと、石黒兵太郎の創業時の苦難を乗り越えた開拓者魂、「難局に際して  
  は 先ず腹をくくり 全てを投げ打ち 事に体当たりせよ」が、今もなお脈々と伝承されて来ております。創  
  立直後の福井大震災に直面した大ピンチの際には、逆にチャンスに変えて懸命に基盤作りに努めましたし、昭  
  和47年からの大都市圏進出に伴い数々の試練に遭遇しておりますが、その都度このDNA精神によって進路  
  を打開して参りました。これからも、「地域の発展と生活・文化の向上に貢献する」ことを基本理念に、「L  
ET DREAMS COME TRUE WITH US」を掲げて、着実に皆様の夢の現実に向かって全
  力投球いたしながら、真に世の中のお役に立つ企業でありたいと切に願っております。  
   弊社の現状を申し上げれば、企業規模は決して大きくありませんが、建築・VR(大改修・解体等)・土木  
  の各事業の実績はバラエティーに富み、施行も北陸・関東・中京・関西と広範囲に及んでおります。そして、  
  日本の安全安心な生活基盤を担う建設会社としまして、「日々新たなり」のリフレッシュな気概や、進取の精  
  神と真摯な経営姿勢を堅持して、一層の企業体質強化と技術研鑽に努力して行く決意であります。  
   このような方針で、発注者の皆様の如何なるご要望につきましても、確かな品質面はもちろんでありますが  
  、コストパフォーマンス面・工程工期面でも充分お応え出来ますよう、持てる限りの知恵を絞りご提案申し上  
  げますので、何卒格別のお引き回しを賜りたく、謹んでお願い申し上げる次第でございます。  
  代表取締役会長 齊藤  博  
  代表取締役社長 善木 則夫  


リンク リンク TOP